• ホーム
  • 木造建築なら住友林業の右に出るものはいない!

木造建築なら住友林業の右に出るものはいない!

2020年08月11日
鍵を出している様子

高級住宅メーカーの中でも、木造建築の家づくりに高い評判があるのが住友林業です。木造建築ならば住友林業の右に出るものはいないと言われるほど、木造建築に高い専門性を持っているハウスメーカーです。木造建築にはコンクリート造の家とは異なる、木材独特のあたたかさがありますが、コンクリート造の家が多くなった現在でも、多くの人に利用されています。

木造建築はコストをかけないで住宅を建築できることも大きな魅力ですが、住友林業の木造建築は品質の高い高級住宅としても人気があります。会社のコマーシャルでは、いい木と住むことというキャッチコピーも使用されていて、使用する木材にもこだわって住宅を建設しているハウスメーカーであることが広く知られています。住友林業では特に国産の木材を使用して住宅を建設することにこだわりを持っていて、質の高い国産の木材を使用することで、より快適な住宅が建設できるようになっています。使用されている国産木材の種類も多く、建築に使われているのは日本国内のさまざまな場所で生産されたものです。秋田杉や伊勢ヒノキなどの住宅建設に人気のある木材をはじめとして、北海道や岩手産のカラマツなども人気の高い木材です。

理想に合った家づくりを依頼できることもこの会社の魅力で、完全自由設計で建てることができる木造住宅は、住みやすさにこだわった家づくりをする際にも最適です。
ハウスメーカーとしての住友林業の、他の住宅建設会社との大きな違いは、森林事業も自社で行っていることです。住友林業という会社の名称からもわかるように、もともと林業を中心にして事業を行っていた会社であることから、質の高い木材を入手しやすい環境があります。木材を山林から伐採して、住宅建設に利用しやすいように加工するところまで自社で行っているために、品質の高い木材を生産することが可能になっています。高級ハウスメーカーとして住友林業の人気が高いのも、こうした木の質の高さが大きく関係しています。木に対する知見が高いこともこの会社の人気の理由で、木を扱う技術力も優れていることから多くの人が住宅建設を依頼している会社です。
伝統的な木造建築の技術だけでなく最新の技術を開発して住宅建設をしていることも、住友林業の魅力です。住宅づくりに採用されているのがマルチバランス構法で、これは伝統的な木造建築の構造に最新の技術を組み合わせて、災害にも強い家づくりをするための工法です。