• ホーム
  • 三井ホームで落ち着いた雰囲気の家づくり!

三井ホームで落ち着いた雰囲気の家づくり!

2020年09月14日
鍵を出す様子

落ち着いた雰囲気の家づくりで人気があるのが三井ホームです。三井ホームはデザイン性にもこだわったハウスメーカーとして有名で、おしゃれな住宅を建設したいにも人気のある会社です。口コミなどでも評判が高いのが、この会社で家づくりに採用しているプレミアム・モノコック構法という技術です。この構法は三井ホームで採用されてきたさまざまな工法を複数使用して、質の高い家づくりをしているのが大きな特徴で、その中心となっている技術が枠組壁工法です。これは床と壁と屋根の6面を1つの単位として住宅を建設する方法で、6面単位で設計することによって、合理的な住宅建設が可能になっています。この枠組壁工法に、DSPやBSウォール、マットスラブといった三井ホームで行われている独自の技術を組み合わせたのがプレミアム・モノコック構法です。
三井ホームが長年の間、多くの建物を建設してきた技術力が、住宅の基礎部分や壁に集約されて利用されています。建物の耐久性を高めるために大きく貢献しているのがマットスラブで、これは建物の基礎部分を安定した状態にして建設するための方法です。建物を支えている土台にかかる重量は非常に大きく、数十トン単位の重さを支えるだけの頑丈さが必要になりますが、建物をしっかりと支える強さを持っているのがマットスラブです。三井ホームでは建設する住宅ごとに最適な基礎部分の設計を行っているので、より安定した家づくりが可能になっています。マットスラブが安定した基礎部分を築くことができるのは従来の工法とは異なった方法を採用しているからです。従来は基礎部分を設計する際には、線を基準にして家を支えられるように設計されていましたが、三井ホームのマットスラブでは面を基準にして住宅を支えるという考え方が採用されています。線で支えるよりも、面で支えたほうが、より安定して建物を支えることが可能になり、使用される鉄筋コンクリートも厚さ150ミリメートル以上のものが選ばれています。マットスラブで基礎部分を作ることにより、地震にも強い家づくりが可能になり、高い耐震性を備えた住宅としても三井ホームは人気があります。ダイアフラムも耐震性を向上させるために採用されている工法で、枠組材と面材が釘によって接合されているため、全体として一体化しているのが、この工法で作られた住宅の特徴です。外部から建物に大きな力が加わった場合でも、一つの場所に力が集中しないために、地震が起こった時でも力を分散させることができます。